サービスについて

新型コロナウイルスは保険金申請に影響があるのか?

調査員からの感染リスク

2月以降、感染者増加が止まらない新型コロナウイルス。

ニュースやネットでも連日のように話題となり国民の不安はつのるばかりです。

では火災保険の申請に関しても新型コロナウイルスの影響は出ているのでしょうか?

結論から言うと新型コロナウイルスの影響は皆無と言っていいでしょう。

その理由を説明しますと、まず火災保険の調査申請を依頼をするのは「ネット」「郵送」「電話」「メール」「LINE」を使用します。

「家屋の現地調査」に関しても調査対象は基本的に建物の外側です。
お客様の立ち合い不要での調査も可能です。

そのため調査員から感染するリスクの心配はありません。

新型コロナウイルスによる経済的な打撃

新型コロナウイルスで仕事や収入が激減したという方は少なくないでしょう。

健康被害はもちろんですが経済的な被害も深刻な問題になりつつあります。

感染者が確認された職場は営業自粛をしたり、感染予防のためリモートワークを余儀なくされている会社も多く存在します。

火災保険申請により受け取れる保険金は使い道が自由です。

事業の運転資金や生活資金として使うことももちろん可能です。